暖かくなると苦労が増える・・・

    暖かいというか暑いというか、お昼休みに外を歩くと上着を手に持っている人がいた。
    太陽が当たる所を歩いていると、分厚いコートやジャンバーを着ていたら汗ばむくらい。
    観光客はまだ冬用のコートを着ているので、今日はかなり暑かったのでは?
    一気に気温が上がったから、着る物の調節が難しいですわ。

    大きい組さんはこのベッドで一緒には寝れない、そりゃあ9キロと6.3キロじゃ無理ですわなぁ(笑)

    大きい組さんたち(爆)

    いつも人気の新聞トイレの目隠しのスチールラックの上、他の子が寝ると周りに余裕があるので広く感じるが、この子達が寝るとさすがに狭く感じる。
    順調に横幅が成長しているアメ君(笑)、シニアになる少し前から少しずつ体重が増えたトム君。
    この大きい組さんは仲良しで、よくくっついて寝ているが・・・でっかいのがくっついていると、見ていてもかなり暑苦しい!(爆)

    最近のマメサブはいつもいるようになった、6歳7歳と遊び呆けたので疲れてきたのかな?(爆)
    今月で8歳になるからね、もういいかげん夜遊びに行くのもしんどいと思うよ。
    遅がけに覚えた遊びなので、昨年までは帰ってこなくてハラハラさせられたが、今年はほとんど毎日のように出会った。
    この冬が寒かったので余り出歩かなかったのかもしれないが、やっぱり年々体力が落ちてきてるのかもしれない。
    猫の寿命は短い、なので余り急におとなしくなるとちょっと心配だ。
    もっとも体の大きさは変わらないので、段々と重い体を動かすのがしんどくなたのかもしれませんが(爆)

    モカの母ちゃんは食べたあとも中々帰ろうとしない、なんか鳴きながら走り回っている。
    それもウロウロする元気が出てきたので、私としては嬉しいんですけどね。
    後ろを通り過ぎたので振り返ってみると、ちょうど真横から体を見れたのだが・・・ん?、お腹が垂れ下がってきたような気がする・・・気のせいかな?(笑)
    最近の食欲は怖いぐらいだからね、それで太ったのかもしれない。

    あの流動食を食べさせていた子がね・・・とちょっと感慨深いものがある。
    口内炎は治らないが、人間と一緒で猫も少しずつ体質が変わるので、ひょっとしたら良い方に体質が変わったとか?←かなり希望的観測ですが。
    また口内炎は再発をすると思う、その時がいつになるか分からないけど。
    1ヵ月後かもしれないし数年後かもしれない・・・願わくば、このまま再発しないでいてくれるといいのだが・・・

    暖かくなると外の子たちは色んな被害を受ける。
    昨晩はいつもミミが食べているベンチの所にカップルが座っていて、中々帰ろうとしなかった。
    超臆病者のミミは来れなかったみたいで、結局餌を食べていない。
    今夜も近くで柔軟体操をしている若い男性がいたが、ミミが茂みの中にいたので、先に「あそこで餌をやるから、しばらく近寄らないでやってね」と声をかけた。
    餌を置いてからその男性に「すぐに食べるから」と声をかけると、「いいですよ」と言いながらよそへ行ってくれたのだ。

    餌をやっている所に誰かがいると、私はいつもそうやって声をかけている。
    嫌な顔をしていると相手も「なんやねん!」と思うからね、できるだけ穏やかに冗談っぽく話すようにしている。
    いつだったか車の中にいたカップルに「邪魔するつもりはないんやけどね、ここで猫に餌をやるからね~」と笑いながら声をかけると、「あれ?猫に餌やってるの?」と窓を開けて話しかけてきたことがある。
    「なんやこんなとこにおって!、邪魔やな!」と心の中で思うと、その思いが表情や態度に出てしまうから相手も身構えてしまう。
    穏やかに冗談っぽく先に断りを言うと、人間誰だって「餌やるな」とか「邪魔するな」とは言わないものだ。
    そうするのが猫のためだし、猫が嫌われるようなことをしたら、何のために餌やりをしているのか分からなくなる。

    公共の場所は誰でも使える所だ、そしてそこに来る人がみんな動物好きとは限らない。
    だからトラブルを起こさないように、相手が怒らないようにと、出来るだけ穏やかにやり過ごすよう気をつけている。


    管理者にだけ表示を許可する