スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Comment (-)

    キク永眠

    年末に調子を崩していたキクが、2月8日午前2時4分に永眠しました。
    今餌やりは夜中に行ってるのですが、その餌やりから帰ってきて間もなく逝ったのです・・・帰ってくるのを待っていてくれたようです。
    いきなり年末に調子が悪くなり、肛門には肛門周囲炎からの炎症が起きていました。
    年末のバタバタしたときだったから、気づくのが遅かったのかもしれません。
    31日に紅白歌合戦を見ていたら次女の婿殿が、「キクちゃんのお尻に何かできてる」と言ったので見てみると、膿の溜まった塊ができていました。
    いつもおとなしくて静かな子だからね・・・気づいてやるのが遅くて可哀想だった・・・

           すぐに帰ってくるんだよ・・・と言ってしまった・・・


    今お世話になっている病院は、お正月の三が日でも午前中診察してもらえるので、元旦に慌てて連れて行った。
    その時にはもう開いていた・・・
    しかしなぜそんな所に傷が?と不思議だったが、猫の舌はとがっているからね・・・舐めたときに傷ができたのかも?
    とにかく投薬と点滴、そして極端に食べない子なので強制給仕と・・・
    ウエットなんかほんの少し舐めるようにしか食べないし、カリカリもなんか音がしてるな?と思ったらもう食べ終わってるしで、食べさせるのに一苦労する子。

    1歳過ぎてやっと避妊手術ができるくらい小さくて、手術後はそれでも3キロくらいにはなっていた。
    やっと普通の猫になったなぁと思ったのもつかの間、シニアになるころには元の2.6キロに。
    その後はその体重を維持していたが、今回の傷でほとんど食べなかったのか2キロを切ってしまっていた。
    1.96キロって・・・キクの大きさで体重が600グラム減ったということは、私なら12~3キロ減ったってこと、それも短期間に・・・
    なんで気が付いてやれなかったのかなぁと、今でも後悔の気持ちでいっぱいだ。
    マルチーズの兄弟がいたときに、弟犬がよく肛門周囲炎になっていた。
    でも猫で肛門周囲炎になったのはキクが初めて・・・やはり私に油断があったんだろうね・・・

    キクは2001年の3月下旬に保護したが、その時は生後2か月にはなっていないくらいだった。
    その2日前に、サスケが座って餌を置いている足の上に乗ってきてびっくり!何事かと顔を見ると、涙と目やにで目がカサブタだらけで見えなくなっていた。
    それまでは逃げ回っていたのに、体調が悪くなったから助けてほしいと足の上に乗った?のかもしれない。
    そしてサスケを連れて帰った2日後に、キクも同じ行動をしたのだ。
    う~ん、毎晩餌を持って行ってるので信頼してくれたのかな?それとも助かりたい一心だったのか?
    動物にかかわるとこういう不思議なことがたまにあるが、やはり彼らにも考える力や柔軟な感情もあるってことなんだろうね・・・

    その時は、キクママは5匹生んでいた。
    サスケと同じ黒猫があと1匹いて、キクと同じ八割れの子が2匹いたが、三匹とも体格が大きく寒い中で生まれたのに元気に走り回っていた。
    小ぶりのサスケとキクが酷い鼻器官炎にかかったために動けなくなり、助けてほしいと怖い人間の足の上に乗ったという・・・なんとも不思議な子たちだった。
    母猫のキクママは賢い子で、こうやって毎年産むので捕まえようと頑張ったのだが、交配期が来ると姿を消してしまい、子猫を生んでしばらくすると現れるを繰り返していた。

    2003年の4月中旬の寒い日、白黒ブチの子猫が工場の側溝にはまっていたのを見つけた。
    少しお水が溜まっていたので子猫の足が濡れており、これはいかんと慌てて子猫を抱き上げ、すぐ傍にいたキクママに「この子連れて帰るよ」と言ったら、キクママはじっと私の顔を見ていた。
    そして「お願いね」といわんばかりに、すっと歩いて行ってしまった・・・え?
    しかしこの白黒ブチの子を産んで間もなく、餌場にキャリーを持っていき素手で何とか捕まえられた!・・・いや、捕まえれたことにびっくりしたけど(笑)
    そして手術をしたが、やはり毎シーズン生んでいたためか子宮がボロボロになっていたそうだ。
    いやいや、間に合ってよかった!
    多分その白黒猫の子を産んだ頃が、キクママの体の限界に近かったのかもしれない・・・間に合ってよかった!

    キクとサスケは治療後は少しずつ元気になり、その後は2匹とも順調に家庭内野良の道へ邁進という・・・ヾ(ーー )ォィ
    でもキクは数年かかったけど甘えん坊さんになった、サスケは今でも家庭内野良だけど(笑)
    3月下旬で2か月弱ということは寒い最中に生まれたんだろうから、小さくて体の弱い子が育つのには厳しすぎる季節だ。
    でもキクもサスケもキクママの賢さを引き継いだのか、そうやって行動し長生きできている。
    その時に一緒に生まれた子は・・・もう3匹とも生きていないだろうね・・・

    そんな経緯で保護したキクだが、小柄で弱い子の生きぬくすべなのか本当に上手に誰にでも甘え、1歳年上のトムがそんなキクを可愛がってくれたのでキクは甘えん坊さんに変身したのだった。
    ウニャァ~と鳴きながらネットをしている膝の上に乗ってくるし、名前を呼ぶといつも返事をしてくれるキク。
    そんなことをするのはキクだけなので、今は私の膝の上が寂しい・・・

                歳をとったね・・・

    2017年5月25日に写したのだが、この時にはすでに目は白く濁っており白内障だった。
    そして見るからに年をとったなぁという顔をしている、でも実物はそうは見えなかったけど(笑)
    同じ日に写したサスケ、この頃も今もサスケはよく太っており、多分7キロくらいはあると思う。

           巨大なサスケ(笑)

    トムが亡くなってから一人でいたキクも、そのうちにみんなの中に混じって寝るようになり安心した。
    中でも優しいつばさにくっつくことが多かったが、トムと同じキジトラなので安心するのか?・・・でもないだろうけど(笑)
    キクは2.6キロでつばさは多分6キロか6.5キロ、大きさが違うのでキクがいつも埋まっていた。
    でも大きな子とくっついてる方が温かいし安心できるらしく、つばさの横にいつも行っていた。
    誰かと争ったことなどないキクなので、つばさもキクには優しくしてやっていたようだ。

           大きなつばさと小さなキク
           キクはキジトラが好き?(笑)

    甘えん坊さんでくっつき虫・・・そんな子がいなくなると本当に寂しいとしみじみ思う。
    私はあまり触ったりしない方だけど、キクは自分の方から寄ってくる子なので触らないわけにはいかない。
    忙しい時は邪魔に思ったこともあるが、いなくなるとやはり寂しいものだ。
    すぐに帰ってくるんだよ~そう言って送り出したが・・・いやほんと!今でもそう思っている。

    アメ子ちゃんが腎不全気味になったそうで、メールをいただいてから心配していたのだが・・・
    ご家族の皆さんが一生懸命看護してくださり、今では数値もかなり改善さたそうだ。

              ちょっとまだしんどいかな?

    最初のころの腎機能の数値を聞いたときは心配したけど、きちんと投薬や輸液をしてくださったおかげで、今ではかなり安定していたそうだ。

              うん、元気そうになったかも?

    そして大好きな水遊びも復活したそうで・・・いやいや、よかったです!!

           好きな水遊び復活!いや~よかったね!!

    まだまだ油断はできないけど、この調子なら現状維持をできそうなので大丈夫でしょうね。
    本当に良かったです!!ありがとうございます!!

    ゆずたんはいつもマイペース(笑)

           ゆずたんサイズのお布団が~なんて幸せな子でしょうか!
                
    寝たいときに寝て遊びたいときに遊び・・・そして見てください!傍のお布団がゆずたんサイズって・・・(笑)
    いいですね~こんなに可愛がってもらって、そしてノビノビと毎日を送れて・・・代わってくれる?(爆)

    アメ子ちゃんもゆずたんもまだまだ若いんだから、これからも元気で毎日を暮らしてね。
    みんなが元気でいてくれるのが一番嬉しい!!v( ̄ー ̄)v

    そしてもう一つの訃報です・・・
    今朝の今朝まで元気だったあんちゃんが、仕事から帰ったら死んでいました。
    兆候は全くなかったと思います。長くなって寝ているようでしたので、揺さぶってみましたがダメでした。


    2010年に保護して譲渡したあんちゃん、保護時は大人猫だったので1~2歳区債だったのかな?
    大切に可愛がってもらっていたのに、突然逝くとは・・・里親さんがお気の毒で・・・
    でも本当に幸せな一生を送らせてもらえ、きっとあんちゃんは心残りなく旅立てたとお思います。
    長生きしても短い一生でも・・・中身の濃い猫生を送れることが、その子にとっては何よりの幸せ・・・
    あんちゃんを可愛がってくださって本当にありがとうございました。

    家電狂騒曲&にゃんsのトラブル・・・( ̄ー ̄; ;

    これは昨年の話・・・でも今も継続中なり~
    9月に入ってまだ残暑が厳しいってのに、クーラーがご臨終をしてしまった。
    いやま、もう設置して15年?ほどになるので、毎年今年は使えるのか?と不安がりながら使っていたんだけど、ついに故障・・・というか、壊れた~!
    本体から排水に流すドレーンとのつなぎ目が破れたらしく、ポタポタと水漏りがしていたようだ。
    クーラーの下にあるカーテンが重くて持てないくらい濡れていたので、1日くらいは気づいてなかったのかも?
    ポタポタ程度の水の落ち方だし、カーテンは布だしで音がしなかったのだ。
    気づいてから慌ててカーテンを外してクーラーの様子を見たら、本体の右端から水漏れしているので機械の故障じゃないようだ。
    だったら、すぐ下にあるカーテンレールの端っこにバケツをぶら下げたら使えるかも?と思い、さっそくバケツをぶら下げてみた。
    いや、故障ならスイッチを切れよ!とは思ったんだけどね、熱い最中にクーラー無しは出来まへん!ので、試しに水はバケツで受けて使ってみたら大丈夫だったという(爆)
    モーターの故障とかではないので何とか動く、でもこのままじゃ使えない・・・いや、当たり前だけど(笑)

    冬は石油ストーブを使うので空調は無くてもいいけど、熱い関西の夏はクーラー無しではとても過ごせませぬ!(_ _|||)
    いつもはお尻が重いのに、こういう時は電光石火の動きでして・・・慌ててクーラーを買いに走りましたさ(爆)
    ラッキーなことに据え付け工事は明日できるとか、いやいや速攻注文しましたよ。
    そして無事設置完了v( ̄ー ̄)v
    なのに!なのに!いつもの年ならお彼岸過ぎてもクーラーをつけるのに!、新しいクーラーを設置して数度使っただけって?・・・なんでそうなるねん!

    と、クーラー狂騒曲が済んだ翌月の10月、掃除機をかけていて突然プツン・・・え?次は掃除機がご臨終かい!
    え~と、この掃除機って買って何年だっけ?この掃除機を買うときに、店の人が掃除機は5年が寿命ですねって言われたっけ。
    この前の掃除機は、大晦日の日の15時ごろ掃除していた壊れたので、慌てて買いに行ったのだ。
    その時に言われたのが掃除機の寿命は5年・・・多分それくらい使ってるかなぁ・・・ってことで、まあこちらは急ぐこともないので、買ったのは数日後(笑)

    そして10月には新しいパソコンを作ってもらったのだが、なぜかちょっとトラブルで修理・・・でもすぐに解決したけどね。
    それと並行して、うちはNTT西日本の回線を使っているのだが、今使っている光回線が18年の3月に使えなくなるので、新しいのに切り替えてほしいということらしいから、やっと重い腰を上げて切り替えた。
    しかし回線の切り替えが済んでから、FFFTPを入れて使おうとしたら・・・繋がらない!!
    何事じゃ!とばかりにサポートに電話をして、FTPに詳しい人を出して~と言ったら、他にかけてくれと言われて・・・そこにかけたらまた他へ・・・たらい回しかよ!!(怒)
    結局リモートサポートにだよ?ヾ(ーー )ォィ

    IPの変更をしたり色々とやってみても繋がらない、もちろん私もバスターやWindowsのファイヤーウオールやパッシブを入れたり外したりしたし、パスワードも何度も入れなおしたりと・・・何度やってもダメ!
    お互いに打つ手なしになったので、いったん電話を切ることにした。
    その時にサポセンの人がコンセントを抜いてリセットをしてみてくれと言ったので、1時間ほどコンセントを抜いておいた。
    そして差し直してFTPを使うと・・・なんとなんと!スムーズに使えるじゃないですか!
    いったいなんだったんだ・・・

    ってことで、どうなるか報告すると伝えていたので、再度担当者に電話をして経過を報告した。
    その時ふと、モニターの交換をしているときにACアダブターのモニター側を抜いて差し替え、コンセントの方は差したままだったのを思い出した。
    ああ、そうか・・・モデムを交換したときにコンセントが反応したために過電流が流れ、それで使えなかったんだわ・・・と、やっと原因が分かったという次第でして(^^;;
    そう担当者に説明し、これからはモデムの交換をするときはコンセントの方も抜くようにしないと、また同じこういう事故が起きるかもしれないので、上司にレポートを出しておいてと伝えておいた。
    工事の人もびっくりのちょっと思いがけない事故だけど、これは誰が悪いのでもなく、精密機器ではよくある事故のケースだ。
    回線を切り替えてからの不通なので、原因はそこにあるのは分かっていたけど、こんな基本の単純なことだとは・・・これで2日間振り回されたんだから!!
    でもさ、だからってなんで私なんだよ!!と・・・(爆)

    そして11月・・・新しいパソコンも快調に動いて、モニターを24インチにしたので見やすいしと喜んでいたら・・・
    それまで使っていたパソコンは、Windows7発売と同時に当時としてはかなりハイスペックに作ってもらっていたので、Windows10にしても快調に使えていたのに・・・夏過ぎに強烈な10のアップデートがあってから、やはり動きが鈍くなってしまった。
    だから今回マシンを新しくしたのだけど、それでも十分に使えるマシンだからと2台並べて使っていたら・・・いきなりモニターが写らなくなり、no signalとか出て・・・なんじゃい?
    で、そのマシンも修理、新しい方は64bitで前のは32bit、ソフトによってマシンを使い分けているので直ってくれてヤレヤレですわ。

    そしてとどめの一発が年末に来た!
    プリンターの紙送りができなくなっている、印刷できんやんか・・・キャノンに電話をして尋ねたら、修理しないとダメらしい。
    スキャンとコピーができればいいからローエンド商品で構わないもんね、修理するくらいなら新しいのを買ったほうが安くつくわい!と怒り心頭状態(怒)
    もう年末で買い物に行く気力なし!年賀状は・・・作れませんでした~

    これだけ家電製品の故障やご臨終が続くと、もう矢でも鉄砲でももってこい!の気分(-""-;)ムム・・・
    そしてこの上に、猫たちが次々と不調になった・・・
    ミミが亡くなり、その前後からみゅーが原因不明で食べなくなって痩せ、年末にキクが大きな猫傷を作り元旦から病院へ。
    そして1月21日に突然なっちゃんが下半身不随に・・・と、家電狂騒曲と同時進行でにゃんsの病気が~!
    でもにゃんsの経過報告は、まだ現在進行形なのでまた今度に・・・やっとキクが何とか戻り、みゅーは強制給仕と投薬と点滴とを継続中で、なっちゃんはケージに隔離して経過観察中。
    ということで、家電の次はにゃんsに振り回されております今日この頃・・・ヽ( ´ー`)ノフッ

    ミミ永眠

    交差点そばの公園で、ギズオと一緒にご飯を食べていたミミ・・・2008年の春に避妊手術をして、その後来たり来なかったりを繰り返したあと、全く来なくなっていた。
    そしてその後の5月28日にギズオを見たのが最後になり、ミミもギズオも行方不明になった。
    そのミミが3年ほど前に突然現れ、以前通り食べに来るようになったのだが・・・6年ほどどこにいたんだろ?不思議な子だ。
    ミミは右前足を持ち上げて歩く、手術の時に見てもらったが異常無しなのに、いつも地面に前足をついて歩いたことがない。
    ただし!走るときは右前足も使って走ってたんだけど?ヾ(~∇~;) コレコレ
    だから見間違うようなことはまずない子だ。

    とにかく臆病すぎるくらい臆病な子なので、用心深くどこかで食べていたんだろうと思う。
    そうでなかったらこんなに長生きできないもんね、2008年当時もう成猫だったから、そのとき1歳だったとしても今年で9歳だ。
    もっと年長なら10歳を優に超えているという・・・やはりキクママといいミミといい、用心深すぎるような子は隠れているときの方が多いから長生きなのかも?
    毎晩来て待っているので、もうこのままここでやってればいいかと思っていたのに、なんか動きが変?
    う~ん、公園の片隅の暗がりでやっているのでよく見えないけど・・・でも焼きガツオをやったらどこに落ちたか分からなくて探してる・・・え?
    明るいところに誘導してよく見ると、左目が真っ白になって飛び出してるよ!!
    そのころには傍にいても逃げなくなっていたので、いつも持ち歩いている洗濯ネットをかぶせ急きょ保護した。

             これ以上よくならないし悪くならない・・・何なんだ?

    連れて帰ったらおびえて鳴いてばかり・・・そりゃそうだよね、ずっと外の生活からいきなり知らない家の中だもん、怖いのはあたり前だ。
    目の方は最近そうなったようではないしで、とにかくしばらく様子を見て、ミミが落ち着いてから病院へ連れて行った。
    でも時間が経っているようで、それが外傷なのか目の疾患なのか分からない。
    飲み薬も必要ではないくらい経過しており、あとは目薬って・・・いや!それは無理!触れないよ~(_ _ ;;
    ということでそのまま・・・でも右目も白濁しているからどちらの目でもよく見えてないのではと思う。
    それに目が白内障になっているのなら、もう12~3歳くらいかな?

             まあ本猫は気にしてないのでいいかぁ~(笑)

    3段の段数に、広いL字型に切った板を入れている60×90の大きなケージに入れたら、案の定入口を開けていても出ようとしない。
    まあいいけどね、白夜は1年半モカの母ちゃんは2年そのゲージから出てこなかったから、広くて居心地がいいのかも?(笑)
    どの子も酷く臆病な子たちなので、自分のお城ができるとそこが安全だから出たくない・・・ってことなんだろうね。
    白夜はケージから出したら、締めてある扉を必死で開けようとしたもん、やはりその子にとっての安全地帯というのがあるのだと思う。
    しかし冬の保護は慣れるのが早い、だってベッドの下にソフトアンカが入っているのでヌクヌク、ベッドから出ようともしないもんね~(笑)

    9月20日の夜遅く、電気を消してやろうと見にいくと・・・トイレの中で痙攣していた・・・
    大きく口を開けてあえいでいたが、そんな酷い発作を見るのは初めてだった。
    そっと抱き上げてトイレの横に寝かせ様子を見ていたら、しばらくしたら発作は収まったけど・・・でも動けなくなっていた。
    右側を下にして横たわったまま、しかしまた発作を起こすので動かせないから、トイレをのけて広くしシーツを敷き詰めておいたが・・・
    それでも少しずつ動こうとする、動くとまた発作を起こすから危ないんだけどね・・・言い聞かすわけにもいかないし、ミミのような子は人間がそばにいると余計怖いようだし・・・
    仕方ないので1時間に1回くらい見に行くだけにし、シーツを変える以外はミミの好きなようにさせていた。
    翌日はなっちゃんのウンチ出しの日なので、獣医さんに症状を言い聞いてみたが・・・実際に見てないから無理だし・・・
    う~ん、触るだけで逃げ回るような子を病院へ連れて行ったら、それこそまた発作が起きるからどうしようもないね。
    多分心臓だと思うけど、目のことがあるので外傷から来る脳の損傷かも?があるが、それだったらどうしようもない。

    お水とスープを置いておいたら、最初のころはお水は飲んでいた。
    スープもたまに飲んでいたが、家庭内野良なので強制給仕は出来ない。
    お水もシリンジで落とすが、1滴落とすたびに唸って怒るので、発作が起きないかとビクビクものだった。
    輸液という方法もあるのだけど、もし心臓発作なら水分の補給がダメなときがあるので聞いてからと思い、病院で聞いてみたが・・・
    体自体はむくみもない、だったら少しずつの輸液なら大丈夫だろうということで、水分は輸液で補える。
    しかし食べ物は無理だぁ~無理やり捕まえて強制給仕をしたら、暴れまわって症状によくないし、また発作を起こすし・・・心臓発作を起こした子は難しい(_ _|||)

    それでもミミは頑張った・・・でも10日目に力尽き・・・10月1日に旅立ちました。

             やっと楽になったミミ・・・ゆっくり休んでね

    ギズオに会ったら遊びに来てって言ってね、そう言づけたけど・・・聞いてるかな?(笑)
    でもね、写真を写したのを見てあっ!と思ったことがあり・・・濃いピンクのデンファレの花の色が・・・なんで紫色なの?
    他の花の色はそのまま出てるのに、このデンファレの色だけ違ってるってなんで?
    今までの子にもこの花はよく入れてやってる、その時はちゃんとピンクに写っていたのに、ミミのはなんでこうなる?
    写真全部がこの紫色になっており、数枚だけが違う色に写ってるのじゃないからね・・・こんな色じゃなかったのに!
    ひょっとして、これがミミの返事かな?・・・などと、良い方に受け止めましょうかね・・・
    今頃はギズオと再会してるかな?もう体も楽になってるから、一緒に走り回っているのかな?
    この次生まれてくる時は、人懐っこい甘えん坊な子で生まれてくるんだよ、そう言い聞かせておいた。
    聞いちゃいないだろうけど・・・(^^;;

    前回に掲載していたおチビさんは、10日ほどおお試しに行ったけど帰ってきた。
    生後半年ほどの柴犬さんとの相性次第だったが、どうも怖がって手が出ていたそうで・・・
    だよね~自分の何十倍も大きな体をしてるんだから、子猫には怖くて当たり前だと思う。
    それにまだ生後半年なら子犬と同じ、全力で飛び掛かって来るのでそりゃ~余計に逃げると思うよ?
    このおチビさんはとっても甘えん坊さんで、着いたその日の夜から奥さんのお布団に潜り込んだらしい(笑)
    人には慣れているけど、勢いのある子犬には・・・慣れてないからね・・・C= (-。- ) フゥー
    奥さんはおチビさんがとても気に入って、連れて帰ったきたその日の夜は寂しくて泣いたとか・・・お気の毒に。
    まあこれもご縁のもの、仕切り直して募集です(⌒⌒)v

             今はイケメン君です(笑)
      
    10月に入ってから夏日が続いていたので募集の掲載は見合わせていたけど、やっと秋の気配になったから掲載しましょうかヾ(ーー )ォィ
    なんかね、ちょっと今士気が上がらないのはなぜ?(爆)

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。